医療クリニックと脱毛サロンではどっちが脱毛の痛みが強いのか

itami

脱毛を医療クリニックや脱毛サロンでしてもらいたいけど痛みが心配という人は多いのではないでしょうか。
脱毛をするとき医療クリニックでは医療レーザー脱毛器を使用し、脱毛サロンではフラッシュ脱毛器を使用しています。

結論から言うとこれらの脱毛器を使用した脱毛をすると肌に痛みを感じる場合がほとんどです。
ムダ毛の深部の毛根にダメージを与えてムダ毛を生えなくするので、その衝撃が痛みとなって感じるのです。

痛みを感じるならせめて痛みが少ないところで脱毛したいですよね。
では、医療クリニックと脱毛サロンではどっちが脱毛の痛みが強いのでしょうか。

それは医療クリニックでの脱毛のほうが痛みが強い傾向があります。
その理由はどうしてなのかというと、医療クリニックのほうが衝撃の強いレーザーを使用しているからです。

脱毛サロンで使用している脱毛器というのはフラッシュ脱毛器という名前なのですが、広い意味でいうとレーザー脱毛器なんです。
フラッシュ脱毛器はレーザーの出力がそれほど強くないレーザー脱毛器なんです。

医療機関でないためにレーザーの出力を上げられないのです。つまり衝撃がそれほど強くありません。

医療クリニックは医療機関なのでレーザーの出力を上げられて高出力の脱毛が可能になっています。
だから脱毛効果も早く出やすいという傾向があるのです。

でも、その代償として脱毛時に強い痛みを感じる場合が多くなります。

一方、脱毛サロンの場合はレーザーの出力が弱いために脱毛効果が出るのが医療クリニックよりは遅くなる傾向があります。
つまり回数を重ねていかないと脱毛効果が感じにくいです。

でも、回数を重ねていけばレーザー脱毛をしたのと変わらない効果が得られますし、肌にも優しく痛みの少ない脱毛をしてもらえるのです。

でも、冒頭でいったようにどちらの脱毛をするにしても痛みを感じる場合がほとんどです。

ちなみに、医療クリニックのレーザー脱毛のほうが痛みを感じやすいといいましたが、医療クリニックでは痛みを感じにくくする方法というのがあります。それが麻酔です。

医療クリニックだけに脱毛の時に麻酔をしてもらえるところがほとんどなんです。
脱毛時の麻酔の種類としては笑気麻酔と麻酔クリームが主流です。笑気麻酔というのは鼻から笑気ガスを吸引して痛みの感覚をマヒさせる麻酔方法です。
全身麻酔と違って安全性が高い麻酔方法です。

麻酔クリームはクリームに麻酔成分が入っていて、脱毛する場所に塗布することで幹部を麻痺させて痛みを感じにくくする方法です。
医療クリニックでのレーザー脱毛で痛みが我慢できない場合は麻酔をお願いすればいずれかの麻酔をしてくれるはずです。

これらの麻酔をしたからといって完璧に痛みがなくなるわけではないのですが、かなり緩和されるので痛みが気になる場合は麻酔をお願いしてみてください。
医療クリニックや脱毛サロンでの脱毛は痛みを感じる人が多いと言いましたが、実際にどれくらいの痛みを感じる人が多いのか。

よく表現として聞かれるのが輪ゴムを引っ張って肌ではじいたような痛みです。
レーザーを照射したときに肌に輪ゴムをパチンと弾いた時のような痛みを感じる人が多いのです。ほかの表現としては、静電気がきたときのような感じにも似ています。

我慢できないレベルではないことはわかると思いますが、不快感に感じる人も多いようです。
とはいえ痛みには個人差があり、ほとんど痛みを感じないという人もいればかなり痛いと感じる人もいます。

結局のところは医療クリニックや脱毛サロンで脱毛経験をしなければ痛みについては想像でしかないのです。
幸いにも医療クリニックや脱毛サロンでは無料カウンセリングをしていて脱毛体験ができるところも多数あります。

不安を感じる前に、とりあえず無料カウンセリングを利用してどのような痛みがあるのかを知っておくことをお勧めします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ